ご挨拶

 

 1年目の営業を終えて  2018.10.13

 

 

10/10、小屋閉め作業を終え、スタッフ一同下山いたしました。

その後、無事シーズンを終えられた安堵感でボーっとしており、ご挨拶が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

 

経営譲渡の手続き開始から11ヶ月、一気に走り抜けました。

挫折しそうになる度、沢山の人に助けられ、8/11の山の日に開業を迎えることができました。

営業期間中は、記録的な台風など、天候の悪さに悩まされることも多々ありましたが、最終日には沢山の笑顔をお迎え出来ました。

 

お手伝い頂いた友人たち、業者の方々、いらしてくださったお客さま、心より御礼申し上げます。

 

 

オフシーズンは、開業前の準備から小屋閉めまでの様子や裏話を公開していこうと思います。

 

 

来シーズンは更に楽しいこと、沢山考えていけたらと思っております。

また、活火山に在る山小屋としての役割をより担えるよう、努めていきたいと思います。

お引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

 

代表   高岡 ゆり スタッフ一同

 

 

開業にあたり   2018.06

 
はじめまして。
「二の池ヒュッテ」(旧二の池新館)代表の高岡ゆりと申します。
 
2017年春、旧二の池新館の地での山小屋経営を検討し始めたとき、私の心には大きな不安がありました。
 
「災害の傷の癒えない御嶽山で、山小屋を運営していけるのか?」
 「信仰の山としての伝統、そこで多くのお客様を受け入れてきた小屋の伝統に対して私に何ができるのか?」といったことです。
  
それでも、2017年初夏からスタッフとともに何度も御嶽山に足を運ぶうちに、そうした気持ちに少しずつ変化がありました。
 
裾野に広がる深くみずみずしい森、コマクサをはじめとする可憐な花々、愛らしい姿を見せるライチョウ……それらに出会うことで、私たち自身癒され、御嶽山の魅力のとりこになっていったのです。
 
「御嶽山で新たに山小屋を手がけること」
――そのことが2017年末ごろから少しずつ具体化していきました。
 
そして、地元の方々の温かいご協力もあり、2018年夏「二の池新館」をリニューアルする形で、新たに「二の池ヒュッテ」として営業を再開する運びとなりました。
 
とはいえ、スタッフの数も私たちの山小屋仕事の経験もまだまだとても限られたものです。お客さまにご満足いただける魅力的な山小屋になるには、少々時間がかかるかもしれません。
 
それでも、御嶽山が少しずつかつてのような落ち着きを取り戻していくように、私たちもゆっくりと一歩ずつ前に進んでいきたいと考えています。 

 

 

二の池ヒュッテ 代表   高岡 ゆり スタッフ一同